ものみの塔の組織が家から家へと伝道するように信者さんに強いるのは 聖書的な根拠はないと思います「自分は別に伝道の方法として否定しているわけではなく単なる営業のローラー作戦のような手法であって 聖書を根拠として信者さんに強いるのは間違いだと思うというだけです」

協会は出版物や話の中で家から家へ伝道して回るのは初期クリスチャンのとった方法だとくりかえし信者さんに強調しますが 元統治体の成員であったレイモンドフランズさんは 2冊目の著書 クリスチャンの自由の7章中で以下のように述べています


7章

エホバの証人の指導者による家から家への証についての教えは、主に使徒行伝5:42と20:20のような文に基づいている。ものみの塔聖書冊子協会の新世界訳では、 『そして毎日、寺院で、そして家から家へと、彼らはイエス・キリストついての良い知らせを宣言し伝え続けた。

私(聖パウロ)は、利益を上げたり、公的に家から家への宣教をしたりすることを、あなたに伝えることを控えたりはしなかった。

その推論は、家から家への活動、つまり隣り合った家のドアか次のドアへと連続して行き 、事前の招待なしで一般的には深く知り合うことなく人を訪れることを示す。その推論は聖書的な活動となるのか?

新世界訳が最初に出版されたとき、 ものみの塔協会は、「家から家へ」の語源となったギリシャ語のフレーズ『カトイコン』(kat'oikon)に特に注目した。前置詞kata(文字通り意味は「〜に従って」)は、ここでは分配的な意味で使われていることが強調された。 その理由から、「家から家へ」の言葉は、ドアからドアまでと同じ感覚を持っていると言われている。つまり、通りに沿ってあるドアから隣のドアに向かうという意味である。

この主張は、さらなる考察と熟考の上で成立しない。まず、分配は連続と同意ではない。医師が往診で家から家へ行くことができるように、ある地域の家から別の地域の家に行くことでひとつの家からもう一方の家に行くことができる。それは明らかに、連続した戸別訪問を必要としない。

前置詞 kataを配分的な意味で正確に用いられるためには「家から家へ」と訳す必要があるとする主張自体、事実上新世界訳聖書自体によって打破される。

新世界訳の聖書、使徒行伝5:42にある「家から家に」に翻訳されたものと同じ単語(kat'oikon)が2:42にも引用されていることに気づいている証人は多くない。下記は、ものみの塔協会の王国行間逐語訳の聖書に見られるこれらの節で、右の欄には新世界訳聖書が綴られている。

左の欄の逐語訳が示す通り、 kata が同様の配分的な意味を持って両方の文に現れる。それでも言行録2:46の中では「家から家へ」ではなく「個人の家々で」と訳されている。それはなぜか。

使徒たちが通り沿いに建つ家から次の家へと渡り歩いて食事を取っていると考えることは非論理的である。ものみの塔協会は「家から家へ」(ここでいう戸別活動)という訳が疑問を呼ぶことをおそれた。先に述べたように、そういった翻訳のすり替えがあることや、もみの塔協会がその点に着目されること、もしくは公にすることを恐れていることを、多くの証人たちは気づいていない。

使徒行伝20:20では、「家」または「家庭」の言葉が複数形「kat'oikous」という形になって再び登場します。また同様に、ギリシア語がどのように訳されるかは、翻訳者の意思次第ということになる。新世界訳、フレッド・フランズの主な翻訳者がこれを認識したことは、新世界翻訳の大家族版に見られるように、この節にある次のような脚注に示されている。「 『家から家へ』のカトイコン(または複数形のkat'oikous)の翻訳は間違っているわけではない。それは完全に適切な翻訳であり 、使徒行伝2:46を含む他の多くの訳においてでさえも見つけられる。

これらの節の中で「家から家へ」という訳、または「個人の家々で」の訳のどちらが用いられるかは、一翻訳者の意思でしかない。問題は、それを正しい意にしようとすることだ。使徒たち、すなわち初期のキリスト教徒たちが他人の家を訪問したのは明らかであるが、現在のエホバの証人が行っているような戸別の活動に取り組んでいたかは明白にされてはいない。そのように主張されたこともあった可能性はあるが、決定的な証拠はないことが事実である。

注釈しておきたいのは、ものみの塔がそういった聖句を使うのは、真のキリスト教徒とイエス・キリストが取った方法として神の知識を広め、戸別活動だったと示すためだけではない。彼らの主張に用いられた聖句は別にマタイ10:9から14にある。その節でイエスは、教えを説く為に使徒を送り出す際、つぎのような指示を出している。

去るまでは、そこに留まりなさい。家に入るときは、家のものに挨拶をしなさい。そしてその家がふさわしいなら、その家にあなたの願う平和を訪れさせるのです。その家がふさわしくないとする時には、その平和をあなたのもとへ返させなさい。あなたを迎え入れず、あなたの言葉を聞き入れないときには、その家またはその街を去る時にあなたの足の塵を振り払うのです。

ものみの塔の出版物の中では、「そこ(街や村)でふさわしい人を探し出し」の表現が絶えず強調される。これは、良い知らせを受け入れられる人を見つけるために戸別に歩くことを象徴した。「去るまでそこに留まりなさい」(11節)という文脈に見られれる言葉には注目されない。ものみの塔出版物でこうした文節が論じられることがほとんどないのは、イエスがここで語っていたのが戸別の証しについてでなく、宿を手に入れることについてであることを明白にしているからである。

こうした議論の多くは、少なくとも一度は統治体の会議に取り上げられていた。その背景にある事象は次の通りである。
1972年に「王国伝道と使徒育成のための組織」という新しいマニュアルが計画された際、私は「あなたの神への奉仕」と題された章を含む三分の一のマニュアル準備を命じられた。エホバの証人としての人生を通して、統治体にいた間も、1980年に辞任した後も、私は戸別訪問活動を積極的に行い続けた。文字通り、その間数万軒を訪れ、活発な交わりのあった43年間、毎週活発に参加するように努めた。そうした活動をしなかった例外的な月は非常に少なかった。

1972年までにはその活動に真摯に取り組み続けたが、ドアから次のドアに歩くことが良い知らせを宣明するキリスト教徒独自の方法であるとする見解を聖書が立証しているという確信を、もはや持てなくなってしまった。キリスト教徒たちは、他者と良い知らせを共有する責任があり、それは明白で否めない事実だ。割り当てられたマニュアルの文章の中で、私は誰もが読んでわかるような形で明瞭にその責任を提示した。しかし私は、それを行うための特定の方法を記す聖句を見出すことができなかった。




以下は原文です

The teaching of the leadership of Jehova’s Witnesses about house-to-house witnessing is based largely on such texts as Acts 5:42, and 20:20. In the Watch Tower Society’s New World Translation these read:
And every day in the temple and from house to house they continued without letup teaching and declaring the good news about the Christ, Jesus.

While I [Paul] did not hold back from telling you any of the things that were profitable nor from teaching you publicly and from house to house.

The deduction is made that from house to house indicates door-to-door activity, going consecutively from one door to the next, one door after the other, visiting people without previous invitation and generally without previous acquaintance. Does that deduction necessarily follow?

When the New World Translation was first published, the
Watch Tower Society focused considerable attention on the original Greek phrase (kat'oikon) from which the rendering from house to house comes. It was emphasized that the preposition kata (literally meaning according to) is here used in a distributive sense.
So, it was claimed that the phrase from house to house has the same sense as from door to door, that is, of going from one door to the next door along a street.

The claim does not hold up under examination and thought. In the first place, distributive is not the same as consecutive. A person can go from house to house by going from a home in one area to a home in another area, just as a doctor making house calls might go from home to home. It does not at all require the idea of consecutive door-to-door visitation.

Any claim that the use of the preposition kata in the distributive sense requires the rendering from house to house in order to be correct and accurate, is, in fact, exploded by the New World Translation itself.

Few Witnesses realize that the identical phrase (kat'oikon) translated from house to house in the New World Translation rendering of Acts, chapter five, verse 42, also occurs in chapter two, verse 46. Below are presentations of these verses as found in the Watch Tower Society Kingdom Interlinear Translation, which contains the New World Translation in its right-hand column:

As the left-hand interlinear portion shows, the same phrase, with the same distributive sense of kata appears in both texts. Yet in Acts 2:46, the rendering is not from house to house but in private homes. Why?

Because it is illogical to think that the disciples taking meals was done by going from one house to the next on down the street, and since the Watch Tower Society wishes that particular sense to attach to the phrase from house to house (in support of its door-to-door activity), it does not want to raise probable questions by using the rendering house to house here. As stated, most Witnesses do not realize this switching of renderings and the Watch Tower Society prefers not to call attention to it or address it openly.

In Acts 20:20, the phrase appears again, although the word for house or homes is here in the plural (kat'oikous): Again it is simply a translator’s decision how this Greek phrase will be rendered. That the principal translator of the New World Translation, Fred Franz, recognized this is shown by the footnote to this verse as found in a large family style edition of the New World Translation. The footnote reads:It is not that translating katoikon (or kat'oikous) as from house to house is wrong. It is a perfectly proper translation and is found in many other translations, even at Acts 2:46.

Whether the rendering from house to house or in private homes is used in either of these texts is nothing more than a translator’s choice. What is wrong is to try to make the phrase convey a meaning that is not actually there. That the apostles and other early Christians visited people in their private homes is clear. That they engaged in door-to-door activity as done by Jehovah’s Witnesses today is definitely not clear. It may be claimed, but it is a claim with absolutely no supporting proof.


Not that the Watch Tower Society uses only these texts in its effort to present door-to-door witnessing as the truly Christian and Christ-like way to spread knowledge of Gods Word. Another Scripture portion often employed in their arguments is Matthew 10:9-14, in which Jesus gave these instructions on sending out his apostles to preach:



and stay there until you leave. When you are entering into the house, greet the household; and if the house is deserving, let the peace you wish it come upon it; but if it is not deserving, let the peace from you return upon you. Wherever anyone does not take you in or listen to your words, on going out of that house or that city shake the dust off your feet.



In Watch Tower publications, emphasis is consistently placed on the expression Search out who in it [the city or village] is deserving. This is then portrayed as signifying going from door to door to find persons receptive to the good news. Attention is not directed to the words found in the context which say (verse 11): Stay there until you
leave. These words are almost never discussed in Watch Tower publications because they make evident that Jesus was here talking, not about door-to-door witnessing, but about obtaining lodging.

Many of these issues came up for discussion by the Governing Body on more than one occasion. The background for this was as follows:
In 1972, when a new organizational manual titled Organization for Kingdom-Preaching and Disciple-Making was developed, I was assigned to prepare one-third of the manual, including the chapter titled Your Service to God. Throughout my life as one of Jehovah’s Witnesses I had been active in door-to-door visitation and I continued to be while on the Governing Body and after my resignation in 1980. I endeavored to share in that activity every month of my forty-three years of active association, visiting literally tens of thousands of homes in that time. Any month that I did not engage in that work was a rare exception.

But by 1972, although continuing active in that work, I was no longer convinced that the Scriptures supported the view I had long held, namely, that going from door to door was the distinctively Christian way of declaring the good news. That Christians had a responsibility to share the good news with others was clearly evident, undeniable. And in writing the assigned chapter of the manual I presented that responsibility clearly, as anyone can see by reading the chapter. But I could see nothing in Scripture that ordained a certain method for doing this.