さて 協会は新しい人格を身につけるために自分を変革させよと 以下のようにいうわけですが 

*** 塔90 4/1 16ページ 3節
3 ローマ 12章2節で『変革する』と訳されているギリシャ語の語源はメタモルフォオーです。この語は,毛虫から蝶への変態のような,完璧な変化を指しています。その変化が余りに完璧なので,聖書はそれを人格の変化と呼んでいるほどです。聖書の別の節にはこう記されています。「古い人格をその習わしと共に脱ぎ捨て,新しい人格を身に着けなさい。それは,正確な知識により,またそれを創造した方の像にしたがって新たにされてゆくのです」―コロサイ 3:9,10。

このこと自体は聖書の神の言葉ですし自分も同意し日々聖書を読んで聖書のすすめる新しい人格を身につけるよう努力したいと思っています
しかし 協会の真の意図は マインドコントロールを行うグルーブが人々を支配するのに用いる手法である 解凍 変革 再凍結 をやりやすくするための言葉だと思います
マインドコントロールの恐怖 ステーブンハッサン 128ページ

また協会はよく新しい言語を幼子のように受け入れるようにといいますが(ゼパニヤ 3:9) …その時わたしはもろもろの民に清い言語への変化を与える… これも聖書の言葉を利用した 同じマインドコントロールの手段で 聖書とは違う協会の考えにそって行動するよう仕向けるものだと思います

みなさんも いつの間にか 自分がどんな行動するべきか 証人同士の会話から 世の人との会話 その他生活のあらゆることをする場合 協会の文書に書いてあることを調べてからそのとおりにするマインドコントロールされている自分になってることに気づきませんか それは本当に神と自分の関係でしょうかそれとも協会のいうとおりになっているだけでしょうか